護身術で心身ともに強くなる

女性が看護師として働いていると、身の危険を感じる場面に遭遇することもあります。それが現場であればプロとして平然としていなければならないのも事実ですが、恐怖のあまりにすくんでしまうような経験をする人もいるでしょう。看護師の仕事は早朝から深夜に至るまで様々であり、まだ暗い早朝から職場に向かわなければならなかったり、深夜になって暗い夜道を帰らなければならなかったりすることも珍しいことではありません。そのために治安の良い場所に住んだり、できるだけ勤務場所の近くに自宅を決めたりする人も多いでしょう。

一方、現場では強面の患者と対面しなければならなかったり、精神的に病んでいながらも身体はしっかりとしている男性に苦情を申し立てられたりする場合もあります。こういった状況に対抗していくための対策を立てることは、看護師生活をより良いものにしていくために重要になるでしょう。

そのために護身術の習い事をするのは良い方法です。護身術を習っておくことで、いざという事態に自分で対処できる方法が身につくとともに、自信も生まれてくるようになります。習い事をすることによって運動習慣がつけられることから心身ともに鍛えられるのもメリットであり、たとえ危険な場面に出くわさなくて済んだとしても、仕事に対するやる気を保っていくのに役立ちます。

一口に護身術と言っても合気道やキックボクシング、空手など様々なものがありますから、興味を持てる護身術を探してみると良いでしょう。